文字を大きく
松本丸の内ホテル スタッフの思い

代表からのご挨拶

『松本の魅力』を世界へ発信・浸透させていくことが、我々のミッションです。

私たち松本丸の内ホテルは、所属している扉グループの明神館、ヒカリヤなどと連携し、松本エリアの地域活性に貢献して行きたいと考えています。そのためにも、より多くの方々に「松本の魅力を知って頂きたい」、この想いがすべての行動の源泉となっています。

『何度来ても、オモシロイ街「松本」』をより多くの方に伝えていくためにも、ホテル内、グループ内はもちろんのこと、地域の様々な企業や行政のみなさん、そして地元でご商売をされていらっしゃる皆さんと共に、それぞれの強みを活かして松本の街を盛り上げて行きたいと考えております。

Object(eZContentObjectAttribute)
『街全体で観光客の皆様をおもてなしできる街「松本」』を目指し、これからも地域の皆さんと共に歩んでまいります。

支配人より

『お客様の素敵な想い出のためにできる事は?』を 自身に問いつづけて30年。 この大命題に完成形はないのかもしれません。

ホテル・旅館業に携わって30年。今も昔も変わらないのは、『接客の仕事がとても好き』だという想いです。今後どんな立場になっても『現場の第一線に立っていたい』という想いは変わらないだろうと思っています。

主役であるお客様の『旅のお手伝い』ができる事が、私にとってかけがえのない喜びです。また、ホテルスタッフがご紹介させて頂いた情報を元に訪れた観光ス ポットやお食事処で、お客様が楽しんでいただけたときに私たちに向けて下さる「無垢な笑顔」や「温かいお言葉」が支配人としての喜びのひとつです。

私個人としても、当ホテルの支配人としても、『お客様の気持ちに添ったおもてなしの追求』こそが、これまでもそしてこれからもだ命題だと思っています。 この完成形のない大命題にこれからも取り組んでまいります。

スタッフより

お客様の「○○したい!」にお応えするために、 自身の成長が不可欠。 お客様にとっての『松本のコンシェルジュ』を目指して。

私たちスタッフにとって、「おいしい食事のお店を教えてほしい」や「○○まで行きたいんだけど行き方を教えてほしい」、「取引先に手土産を買いたいんだけどいいお店はないか?」など、お客様の様々なご要望や目的を叶えるためのサポートができることは、『仕事であると同時にやりがい』そのものなのかもしれません。

そして何よりも嬉しいのは、お客様から「あのお店良かったよ」や「助かったありがとう」など言って頂ける瞬間。私たちは、この言葉を糧に日々仕事をしていると言っても過言ではありません。

ホスピタリティ産業であるホテルでの接客という仕事にとって、私たちスタッフのモチベーションは非常に重要です。だからこそ、「継続的に、より一層の新しい情報を得て、従来以上の情報提供やご案内ができるようにいかなければいけない」と思っています。お客様にとって、身近で心強く、頼れる存在になれるよう今後とも努力してまいります。